囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁ソフト・ショップ詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

DVD・囲碁番組で学ぶ碁の考え方

プロの解説にはインパクトと味がある


 DVDの囲碁ソフトもいろいろなものが制作されています。プロ棋士が、テレビ用のマグネット式大型碁盤を使って、さまざまなテーマを解説しているものですが、書籍と同様、自分の棋力に合ったものを選ぶことが最も大切です。

 テーマは布石、定石、手筋、中盤の攻防、詰碁、打碁解説、ヨセなどさまざまですが、大盤解説の映像に向いているものと向いていないものがあります。

 DVDなどの映像に打ってつけなのが、碁の考え方が学べるテーマです。布石や定石選択、中盤の攻防、打碁解説などは、プロの解説の真価が発揮されるでしょう。特に個性あふれる一流棋士の、含蓄ある碁の思想を吸収したい有段者には、価値があります。

ある日突然強くなることがある…


 碁の考え方は、棋力とともに進化していきます。定石や手筋などの知識をどんなに詰め込んでも、碁の考え方が変わらないと、それぞれの段階で棋力の壁を乗り越えることはできません。碁には、ある日、突然強くなるという現象が時たま見られます。これは急に知識が増すのではなく、「何か」が一条の光のごとく差し込んでくるのです。それが「より進化した碁の考え方」です。

 碁の考え方は、書籍やパソコンソフトなどでももちろん学べますが、プロの解説する映像は楽をして身につけたい方に向いています。ただし、DVDは、そのときはわかったような気分になりますが、実戦になるとすぐに忘れるということも少なくありません。「わかったつもり」には注意が必要です。

 一方、DVDが書籍やパソコンソフトなどと比べて効果があるとはいえない分野は、単なる定石の手順解説や、詰碁、部分的な手筋と読み、ヨセなどです。特に詰碁は、自分なりの答えを出さなければ解説は無意味です。

 なお、NHKの囲碁講座や、ケーブルテレビの囲碁将棋チャンネルの中にもいい番組があります。ビデオ同様、碁の考え方を学ぶのに適していますが、やはり自分の棋力に合ったものでないとあまり効果は期待できません。

  ページトップ  ホームページ