囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁初級講座詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

NEW 棋力判定問題集

 「NEW 棋力判定問題集」は、布石・詰碁・手筋・攻め合い・ヨセの問題を合計300問収録。毎回20問出題し、級位者から高段者までの棋力判定を行う囲碁ソフトです。布石以外は対戦型の問題で、制限時間は1問1分以内。詳細な分析グラフ付きの成績表が好評。
囲碁ソフト/NEW 棋力判定問題集囲碁ソフト/NEW 棋力判定問題集


対象棋力 級位者~高段者
定価
 
5,800(税抜6,264) 送料無料

CD1巻  全てナレーション付き
間違いにも応手、ヒント機能、参考図収録、検討機能付き。
囲碁ソフトご注文画面へ

級位者~高段者を判定。計300問の中からランダムに出題

 棋力判定問題集は合計300問が収録されており、その中から毎回、20問がランダムに出題されます。左のメニュ画面のように3コースに分かれており、棋力の目安は次のとおりです。

 ・級位者向け―入門~初級
 ・有段者向け―初級~四段
 ・高段者向け―四段~アマトップクラス


 1問ごとに1分の制限時間があり、1秒ずつカウントダウンの表示がされます。あなたの着手にパソコンが決着のつくまで応対します。時間切れは不正解として判定されますから、詰碁などでは時間をかければ解ける問題でも、あわてて失敗することがあります。それも実力のうちですから、「制限時間1分」は実戦力を養う上でも効果的でしょう。

 問題の難易度はそれぞれのコースの中でもいろいろで、幅広い棋力の認定ができる仕組みになっています。

 なお、解答後に「一手戻る」「もう一度」「ヒント」「参考図」などの機能を使って学習できることは、他のソフトの問題集と同様です。

布石・詰碁・手筋・攻め合い・ヨセから出題。判定グラフ付

 棋力判定の試験問題は、各コースとも布石・詰碁・手筋・攻め合い・ヨセの5部門から、各4問ずつ計20問がランダムに出題されます。同じ問題が級位者向けコースと有段者向けコースに出題されることもありますから、自分の棋力では「手に負えない」と感じる問題に遭遇することもあるでしょう。逆に「簡単すぎる」と感じる問題もあります。しかし、油断すると間違えるおそれもあります。制限時間は有効に使うほうがよいでしょう。

 さて、20問が終わると、棋力判定の成績表画面を見ることができます。各部門ごとの正答率や総合点に基づく棋力判定が、「現在・前回・前々回」に分けてグラフで表示されますから、得手不得手も一目瞭然です。モチベーションを持続するツールとしてご利用ください。


【対局ソフトの動作環境】 
OS : 日本語Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP(SP3以上) 32bit又は64bit版   ハードディスク : 空き容量1000MB以上
モニタ : 1024×768ドット以上、16bit HighColor以上   CDドライブ : 2倍速以上
サウンドカード : WAVEファイルが再生可   その他 : DirectX 7以上(XP以上なら不要)

  囲碁ソフトのご注文
   ページトップ  ショップHOME  ホームページ