囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁ソフト・ショップ詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

囲碁ソフト/NEW 囲碁塾練習問題集
有段者編Ⅰ

 「NEW 囲碁塾練習問題集 有段者編Ⅰ」は、ヨミと直観力を鍛える練習問題集と、死活の変化に強くなる囲碁講座を合わせた、初段~二段の方のための上達ソフトです。
 練習問題は詰碁を中心に手筋、布石、ヨセ、攻め合いの問題を合計500問用意しています。また、講座は「知識で養う死活の力」をテーマに、クシ型や一合マス等の死活を詳しく解説しています。高段者へのステップとなる三段の壁突破を目指して、特訓を始めましょう。
NEW囲碁塾練習問題集 有段者編Ⅰ囲碁ソフト/NEW 囲碁塾練習問題集 有段者編Ⅰ
(講座付)

対象棋力 初段~二段
定価 
8,800円(税込/9,504円)  
送料無料

2巻セット  ナレーション付き解説(講座・練習問題とも)  
練習問題は実戦モード。ヒント機能、参考図機能付き。
囲碁ソフトご注文画面へ

三、四段の読みと直観力をつける、対戦型練習問題500


練習問題 有段者編Ⅰ 詰碁 「初段、二段」は級位者から見れば「目指すべき目標」ですが、有段者の世界では「本当の碁の面白さや深さが分かり始める入口」に立ったに過ぎません。ここで立ち止まるのはもったいないと思いませんか? ここまで来たらからには、ぜひ三段、四段…と高段への階段を目指してください。

 ご案内の練習問題は低段者の読みと直観力を鍛えるもので、着手に対して、正解・不正解にかかわらず、結果が出るまでPCが応手を示してくれる対戦型の問題となっています。詰碁や手筋、攻め合い、布石、ヨセなどのトレーニング問題に実戦的なゲーム感覚で取り組め、戦闘力を強化することができます。

講座は初・二段必須の「知識で養う死活の力」


 碁は陣取りゲームでありながら、「生存権を争うゲーム」でもあります。強くなればなるほどに、死活の強さが求められます。しかし、死活は読みの力だけでは手に負えないことが多々あります。詰碁といえども、実戦に現れやすいいくつかのパターンは、定石や手筋と同じように知識として知っておくほうが便利ですし、そこで得た手筋や手順などのパターンは他の形にも応用できます。

初段~二段向け講座 手筋一閃 この講座の趣旨は、初段~二段の方のために、隅や辺でよく現れる形の死活やその類似形を知識として覚えることで、死活の力をつけていただくことです。ダメの有無だけで打つ手や結果が変わってくる、奥深い死活の世界を楽しみながら覚えてください。

 構成は下記のように、5つのブロック、21のテーマに分かれています。

単純な形の死活(4テーマ 43図)
初段~二段向け講座 急所へ一撃 ①L字型 ②ああ勘違い
 ③隅の板六と類似形 ④辺の単純形 

急所への一撃(6テーマ 42図)
 ①サガリでは死に ②辺のクシ型未満
 ③ダメの有無は重要
 ④間に合わせは許さない
 ⑤いろいろな隅の実戦形
 ⑥辺の急所一撃

準備工作から急所へ(4テーマ 25図)
 ①三々入り定石その後
 ②駄目の有無が大差 ③一合マス類似系 ④狭めて急所へ

広さを奪う(3テーマ 28図)
 ①三線に並んだ白石 ②狭めて取る ③辺の立体形

手筋一閃(4テーマ 42図)
 ①基本の手筋 ②ダメヅマリをつく ③コンビネーション ④高等手段

詰碁、手筋、布石、ヨセ、攻合い問題で三段以上の力を!


練習問題 有段者編Ⅰ 布石 初段~二段向け練習問題は次のように、戦う力をつけるのに最も効果的な詰碁を中心に、手筋、布石、ヨセ、攻め合いの問題が合計500問用意されています。有段者にふさわしい戦闘力を養うだけでなく、、苦手な分野を克服するのにも役立ちます。

 ・詰碁   200問
 ・手筋   100問
 ・布石   100問
 ・ヨセ    50問
 ・攻め合い 50問


 ナレーション付解説  ヒント機能付  検討機能付  参考図付  成績表付
     ※参照⇒ ヒント機能、参考図、検討画面の活用法

【対局ソフトの動作環境】 
OS : 日本語Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP(SP3以上) 32bit又は64bit版   ハードディスク : 空き容量1.0GB以上
モニタ : 1024×768ドット以上、16bit HighColor以上   CDドライブ : 2倍速以上
サウンドカード : WAVEファイルが再生可   その他 : DirectX 7以上(XP以上なら不要)

  囲碁ソフトのご注文
   ページトップ  ショップHOME  ホームページ