囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁初級講座詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

大局観の良い本格派ソフト
「囲碁世界11」実力七段 講座・練習問題付

 囲碁対局ソフトの棋力向上がとどまることを知りません。「囲碁世界」シリーズがついに、大局観の良い本格派アマ七段の棋力を獲得しました。級位者にとってはまさに雲の上の人(?)として師範代に、また有段者には目標となる兄弟子に、そして高段者にとっては強力な碁敵となるでしょう。棋風は、これまでの囲碁世界に比べて戦いに強いだけでなく、その局面に合った実戦的な大局観に優れ、よりバランスの取れた強さを発揮するようになりました。
   強い戦闘力+大局観。既成概念にとらわれない好手も(中段)
   私には強すぎる? いえ、身近な師匠・目標としても最適です(中段・下)
   囲碁講座、練習問題(500問 )付き、新機能も充実(下段)
   囲碁国盗り物語/天下統一バージョンの対局も楽しめる(最下段)
対局ソフト「囲碁世界11」囲碁対局ソフト「囲碁世界11」  (講座、練習問題500問付き)

推奨棋力 5級〜初段〜七段
販売価格 12,800(税込/13,824円)  送料無料

 アマ七段の方は最強の棋力設定で互先、3級の方は9子置いて釣り合います。置碁の嫌いな方でも、PCの棋力を低く設定すれば10級まで、好戦的思考エンジンが対応します。
囲碁ソフトご注文画面へ
対局条件設定画面(初期設定)

対局条件(設定画面)

 対局に当たって、次の条件が設定できます。
●対戦相手
 「あなたが黒番」「あなたが白番」のどちらかを選ぶほか、「対人戦」にも利用できます。
●戦型
 指定なし、三連星、小林流、中国流、ミニ中国流、星と小目のシマリ、秀作流から7択
●碁盤
 「19路盤」の他、「13路盤」と「9路盤」が選べます。
●条件(手合割)

 互先、常先2子〜9子の置碁。
●PCの強さ
 七段から10級まで17段階に設定できます。
●PCの思考時間
 15秒、30秒、60秒に設定できます。
●PCの投了
 初期設定は「投了あり」になっていますが、最後まで打ちたければ「投了なし」にします。
●棋譜読み上げ
 棋譜読み上げの初期設定は「使わない」ですが、ムードを高めたければ「使う」に設定できます。
●プロ棋譜継続対局
 プロの棋譜を並べながら、任意の場面からコンピュータと継続して対局をすることができます。「囲碁世界10」からついた新機能で、好みの布石の途中から始めるとか、打ち込みや攻め、シノギなど、戦いが始まる場面から対局をするなどの利用法があり、対局ソフトの活用法が限りなく広がりました。

強い戦闘力+大局観。既成概念にとらわれない好手も

SDIの囲碁対局ソフト「囲碁世界シリーズ」は、 思考エンジンにモンテカルロ法を導入して以来、戦闘力に磨きをかけて四段、五段、六段と棋力を高めてきました。今回のバージョン11は、これまでの好戦的な棋風に加えて、すぐれた大局観を発揮するソフトとして生まれ変わりました。既成概念にとらわれない驚きの一手が、あなたの碁の感覚を高めるでしょう。 AI(人工知能)を持たない対局ソフトでも、堂々たるアマ七段の棋力をつけるまでになったのです。

白 囲碁世界11
黒 Aアマ六段(常先)


 黒の高い中国流に対して、白10と深く入り、黒が白石を攻めながら右辺と上辺に地をつくる展開になりました。黒45までは黒が利かされすぎかもしれません。
 白46狙いのはっきりしない不思議な手です。左辺に目が向くのが普通ですが、この一間トビはあとで利いてきます
 黒は左下隅を荒らした後、左辺に61と打ち込み、「ここで生きれば勝ちですよ」と主張しています。
 白(62)のボウシに、黒は白の猛攻をかわして生きますが、結果は下辺や中央に白地がついて、白の中押し勝ちになりました。

 対局ソフトには、単に勝負を争うだけでない様々な活用法があります。たとえば、布石段階での作戦の分岐点や、中盤の勝負所での戦いの場面では、「待った」の機能を使って何度でもやり直しができます。また、最後まで打って棋譜を保存した後、問題の場面まで再現し、コンピュータを相手に何度も検討ができます。上のA六段氏は局後に黒62の場面を再現し、納得がいくまで打ち直したそうです。

 そんな実戦的な囲碁学習ができるのも、強い対局ソフトがあってのことです。

私には強すぎる? いえ、身近な師匠・目標として最適です

 

 AI(人工頭脳)によって進化したコンピュータが世界のトップ棋士を破って話題になりましたが、AIとは無縁のソフト「囲碁世界11」でも、本格的なアマ七段の力をつけました。PCがこんなに強くなってしまうと、「私には不要な強さだ」と思う方も少なくないと思います。

 でも、そう感じている方にお尋ねします。あなたはアマ七段の猛者と碁を打つ機会がどれだけありますか? チャンスがあったとしても、つい尻込みしてしまうのではないでしょうか。でも、相手がパソコンなら気軽に打てます。初段氏なら六子局を委縮することなく、のびのびと楽しむことができるのです。また、二子や三子の実戦で腕を磨きたければ、PCの棋力設定を下げて打つ方法もあります。

 同様に級位者の方でも、たとえば5級氏ならPCの棋力を4級に設定して常先、初段に設定して五子局、五段に設定して九子局…などと楽しめます。近い将来、晴れて初段になれば、最強モードに設定しても六子局となります。

 このように、「強すぎる対局ソフト」は、身近にいる「強力な師匠」となるわけですが、さらに三〜四段の方には「良き目標」となります。強い人と置碁をたくさん打つことが実戦的に強くなる近道。ご案内の「大局観の良い対局ソフト」は、楽しみながら上達するための最善手といえるでしょう。

囲碁講座、練習問題(500問 )付き、新機能も充実


 囲碁世界10には対局機能の他に、練習問題500問と囲碁講座がついています。その他にも、右のメニュー画面にもあるように、棋譜入力再現、問題入力再現、定石解説、定石練習、定石検索の機能がついています。

 また、練習問題では「NEW囲碁塾シリーズ」と同様に、ヒント機能や参考図機能などの学習効果を高める便利な機能が追加されています。

 次に、囲碁講座の内容と、練習問題の内容を詳しく紹介していきます。

囲碁講座「大局観で打つ」の内容

囲碁講座@石の方向 囲碁世界11「囲碁講座」のは次の5つのテーマに沿って解説しています。すべてナレーション付きとなっており自由にON・OFFが設定できます。

@石の方向  A守りの要領  B勢力の要点C勢力を活かす  D大局的に打つ

練習問題

 練習問題は詰碁、手筋、布石、攻め合い、ヨ練習問題 詰碁に分かれて、各100問ずつ、合計500問が用意されています。練習問題にも講座同様にナレーションがついています。

●その他の機能

 その他に、定番の定石解説、棋譜入力再現機能などがついています。

●定石解説、定石練習、定石検索
 小目、高目、目ハズシ、星、三々をすべて網羅しています。「鑑賞モード、練習モード、検索モード」が選択でき、練習モードは仕掛ける側と受ける側、どちらからも練習ができます。

●棋譜保存再生機能付き
 打ち碁を保存することで、一度打った碁を後でもう一度、並べ直すことができます。手動・自動どちらでも並べられ、任意の局面から対局をすることもできますから、局後の検討に最適です。

●問題集作成機能付き
 新聞や雑誌の詰碁などの問題と解答を入力しておけば、自作問題集が出来上がります。

囲碁国盗り物語「天下統一」バージョンの対局も楽しめる

天下統一バージョン 人は達成可能な一つの目標を持つと、集中力が持続するものです。その意味で、天下統一バージョンによる対局は面白い企画です。

 このゲームでは、戦国武将が得意な布陣を敷いてあなたの挑戦を待っています。まずは自分の棋力を設定し、武将を選んだら、指定された布石に対して白番で挑みます。勝てば領地があなたのものになります。


【対局ソフトの動作環境】 
OS : 日本語Windows 10/8.1/8/7/Vista 32bit
又は64bit版   メモリ : 32bitは2GB、64bit版は4GBが必要
ハードディスク : 空き容量900MB以上   モニタ : 1280×1024ドット以上、16bit HighColor以上
CDドライブ : 2倍速以上   サウンドカード : WAVEファイルが再生可   その他 : DirectX 7以上

  囲碁ソフトのご注文
    ページトップ  ショップHOME  ホームページ