囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁初級講座詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識
HOME囲碁対局ソフト、講座ソフト、練習問題集 >AI搭載対局ソフト「囲碁世界13」

AI搭載対局ソフト「囲碁世界13」が
有段者を徹底的に鍛えます

あの「ディープラーニング」搭載・第2弾!
堅実派と好戦派。2つの対局モードがあなたを強くする!

 「えっ、八段!? こんなに強い対局ソフトが、一般のアマに必要なの?」という声が上がりそうですが、それには理由があります。今回の「囲碁世界13」は、AI(人工知能)で採用されたディープラーニングを思考エンジンとして搭載することで、堅実派好戦派という2つの対局モードが働くからです。ヨミの精度だけでなく、正しい大局観に裏付けられた、一連の着手の流れを実戦の中で学んでください。PCは棋力も自由に設定できます。
 なお、対局ソフトには、その他に詰碁や手筋などの問題500問と布石講座も付いています。
対局ソフト「囲碁世界11」囲碁対局ソフト「囲碁世界13」 
(囲碁講座・練習問題500問付き、三国志対局ゲーム付き)

推奨棋力 5級〜初段〜八段格
販売価格 12,800(税込/13,824円)  送料無料

 最強の棋力設定で、アマ八段格の方は互先、五段の方は三子局、2級の方は九子局で釣り合います。置碁の嫌いな方でも、PCの棋力を低く設定すれば10級まで互先の碁が楽しめます。
囲碁ソフトご注文画面へ

あのディープラーニングを搭載。優れた大局観で高段者を圧倒

囲碁世界12メニュー画面 人工知能(AI)が世界のトップ棋士を破って、囲碁界に衝撃を与えたのは、まだ記憶に新しいところです。そこで話題になったのが、コンピュータが自ら自己対戦を繰り返して学習を重ねるディープラーニングです。

 今回バージョンアップされた対局ソフト「囲碁世界13」は、そのディープラーニングを思考エンジンとして搭載。さらに「堅実派」と「好戦派」という異なるタイプの棋風を選択することによって、「2人のアマ八段」との対戦が楽しめることになりました。

PCの棋力設定は八段〜10級。互先から九子局まで対局可能
あなたの師匠、目標、ライバルとして末永くご活用できます

対局条件設定画面 ご案内のソフトの対局条件は、左の画像のように、対局相手、戦型、碁盤、条件、PCの強さ、PCの思考時間、PCの投了、棋譜読み上げなどが設定できるようになっています。このうち、PCの強さは「10級〜八段」の18段階、手合の条件は「互先・常先・2子〜9子」が設定できます。

 級位者にはこんなに強いソフトはいらないと思われがちですが、碁は強い人とたくさん打たないと決して強くなれません。日頃4子局〜星目の置碁で上手にいじめられている方はぜひ、「囲碁世界13」で実戦練習を重ねて、一気に置石を減らしてください。また、初段前後の方で、身近に置碁で教えてくれる強い人がいない場合にも、このソフトはぴったりです。

 まずは、あなたの碁の師匠として、そして目標となる上級者として、対局条件をうまく設定してご活用ください。また、自分より強い相手と気軽に碁が打てる環境にない五段〜七段の方には、この上ない上達パートナーとなるでしょう。

アマ五段(三子)とPC(好戦派モード)の対局  ※右下隅の10の機能に注目


算哲・幻庵・秀策…対局ゲーム「お城碁名人への道」で面白さも倍加!
次々と家元の棋士を打ち負かして「名人」を目指そう!

三国志対局ゲーム 囲碁世界13との対局では、「お城碁名人への道」というゲームが用意されています。これは対局をよりスリリングで楽しいものにするためでの趣向です。

 登場するのは江戸時代の囲碁の御三家、安井家、井上家、本因坊家です。合計12人の棋士が登場しますが、それぞれの家元のエース=算哲、幻庵、秀策を破らなければなりません。名人への道を目指して、実戦対局プラスアルファの「ゲームの世界」を堪能してください。

練習問題500問、その他の機能も充実

布石講座 囲碁世界13には対局機能の他に、練習問題500問と囲碁講座がついています。その他にも、棋譜入力再現、問題入力再現、定石解説、定石練習、定石検索の機能があります。

 また、練習問題では「NEW囲碁塾シリーズ」と同様に、ヒント機能参考図機能などの学習効果を高める便利な機能が追加されています。

囲碁講座「変化球と対策」

詰碁問題@星の定石外れ(4テーマ)
A小目の定石外れ(3テーマ)
B侵略のウソ手(3テーマ)
 合計10テーマ(ナレーション付き)

練習問題

詰碁200問、手筋200問
布石100問(ナレーション付き)

その他の機能

・定石解説、定石練習、定石検索
「鑑賞モード、練習モード、検索モード」が選択でき、練習モードは仕掛ける側と受ける側のどちらからもできます。(ナレーション付き)
・棋譜入力再現
 棋譜の入力保存は最大9000局まで可能。再現は自動・手動の選択あり。任意の局面から対局もできるので、局後の検討に最適。
・問題集作成機能
 新聞や雑誌の詰碁などの問題と解答を入力しておけば、自作問題集が作れます。


対局ソフトの動作環境 

OS: 日本語Windows 10/8.1/8/7/Vista 32bit又は64bit版
メモリ: 32bitは2GB、64bit版は4GBが必要
ハードディスク: 空き容量900MB以上
モニタ: 1280×1024ドット以上、16bit HighColor以上
CDドライブ: 2倍速以上
サウンドカード: WAVEファイルが再生可 その他 : DirectX 7以上
  囲碁ソフトのご注文
    ページトップ  ショップHOME  ホームページ