囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁初級講座詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

囲碁上達法HOME > ルールから始める囲碁入門・無料講座

ルールから始める囲碁入門・無料講座

 囲碁入門講座では、まずルールの説明から入り、地の囲い方、数え方などを経て、ウッテガエシやオイオトシなどの簡単な手筋まで説明しています。入門者にとって大事なことは、頭で理解するだけでなく、実戦の中で試行錯誤をしながら覚えることです。
1 囲碁のルール
2 ポンヌキとアタリ
3 着手禁止点とコウ
4 生きている石、死んでいる石
5 地の囲い方、地の数え方
6 置碁というハンデ(二子局〜星目〜星目風鈴中四目)
7 石の取り方―初歩の初歩(アタリ)
8 シチョウとゲタ
9 石の切断と連絡
10 超やさしい死活入門
11 眼がなくても生きているセキ
12 手筋以前の石取りの練習
13 オイオトシという手筋
14 ウッテガエシで石を取る
 ※練習問題(解答と解説は別ページ)があるのは  2|4|7|12|13

これから碁を始める「大人の入門者」の方へ


 碁を始める動機は人によってさまざまですが、共通するのは「早く強くなりたい」という思いと、「現実とのギャップ」です。碁のルールはいたってシンプルですが、入門者にとって「その後」がわかりづらいことが碁の唯一の欠点なのです。

 この無料講座は入門者の道案内となるよう心がけたつもりですが、囲碁は本来、理屈で覚えるものではありません。特に始めの頃は、「実戦=9」に対して「勉強=1」くらいの割合で、碁に早く慣れることを心がけるのがよいでしょう。

 一般に、囲碁入門時の年齢が高くなればなるほど、理屈で碁を覚えようとする傾向があります。仕事で頭を使っている自信とプライドがそうさせるのでしょうが、碁はテレビゲームなどと同じように実際に手を動かして覚えるものなのです。このことは何度言ってもいい足りないということはありません。とにかく、人を選ばずひたすら実戦で碁に親しんでください。それがスピード上達するいちばんの方法です。
 
 入門者がポイントとなるページは、入門5「地の囲い方、地の数え方」、入門10「超やさしい死活入門」、入門12「手筋以前の石取りの練習」などでしょうか。

 入門13・14のシチョウゲタウッテガエシオイオトシなどの石の取り方(手筋)も、初めてそれを知ったときは感動するでしょう。しかし、早く強くなるためには手筋以前の石の取り合いに眼が慣れることが肝要です。その意味では、実戦に勝る勉強法はありません。

囲碁は文化? それともスポーツ、娯楽?

 ところで、あなたにとって囲碁とはどんなイメージでしょうか。

 囲碁は将棋と並んで日本の誇るべき文化です。そのため長い間、新聞の囲碁・将棋欄は文芸に近い扱いをされてきました。実際、昔の囲碁観戦記は格調高い美文調の文章で彩られていたものです。

 しかし一方、囲碁は大脳の格闘技ともいうべき頭脳スポーツの側面もあります。お隣の中国では囲碁はスポーツを管轄する部門に属しているほどです。勝ち負けにあまりこだわるのは、あまり囲碁の精神から褒められたことではありませんが、勝敗を争う頭のスポーツであることは確かです。とりわけプロ棋士にとっては飯の種になるわけですから、勝つための技に磨きをかけるしかありません。

 囲碁は、格調高い日本の文化であるとともに、戦略的な頭のスポーツであり、そしてだれでも楽しめる室内娯楽でもあるわけです。ここのところをしっかり踏まえないと、囲碁を過度に美化したり、また逆に軽んじたり、ということになりかねません。

だれでも囲碁初段になれる?

 囲碁を始めたからには、だれでも初段になりたいと思うでしょう。しかし、実際に対局を重ねるうちに、初段どころか中級(5級前後)も難しいと感じるようになるかもしれません。でも、だれでも努力を楽しめるようになれば、初段になれるのです。

 プロ棋士の小林千寿五段は、囲碁セミナーや教室で「だれでも三段になれる」というのが口癖でした。先生のセミナーに参加する人はすでに初段か上級レベルになっている人が多いはずですから、「ここまで来ればだれでも…」というニュアンスがあるのかもしれません。また、「碁は、アマ三段くらいまでは才能不要」という意味もこめられているはずです。

 いずれにしても、少し上達が遅いからといって、「自分には碁才がない」などとマイナスの暗示をかけるのはもってのほかです。「だれでも三段になれる」とプラスの暗示をかけていれば、いつかは少なくとも初段くらいになれるはずです。

 とはいっても、ものには順序があります。高い望みを持つのと同時に、当面の短期達成可能な目標を立てるべきでしょう。入門者がまず目標とすべきは「初段に星目」置いていい勝負ができる9級です。9 級あたりから形が碁らしくなり、面白くなってきます。そして、次の目標は5級か3級です。初段が現実のものとなります。もう碁はやめられません。

 碁はコンスタントに同じスピードで上達することはめったになく、足踏みを続けたあと、一気に強くなることがよくあります。ジャンプをするためには腰をかがめ、力を貯めることが必要なのと同じです。

 最後に、月並みな古い言葉ですが「初心を忘れずに」、そして「継続は力なり」を心がければ、間違いなく初段は達成できるでしょう。

 関連ページ ⇒ 囲碁用語〔入門編〕 碁がよく分かるために
  (囲碁の知識)  続・囲碁用語〔入門編〕 定石・布石・置碁から

 囲碁入門・学習ソフトから 対局ソフトまで 囲碁ソフト・ショップ

文章力をつける文章力をつける―文章上達無料講座/エッセイ・小論文/リライト
  http://bunsyou.net/ キオテック創造学習センター
文章上達法/苦手を克服するトレーニング法文の構造と悪文について読みやすい文章のための10の基本テーマ探しと文章を書くまでの準備文章の構成と構想文章の書き出し文章の推敲と完成魅力的な文章の書き方文章いろいろ/就職作文、文章を書く仕事、手紙、自分史… 

〔関連キーワード〕 悪文 ねじれ文 長い文 接続詞 句読点 段落 起承転結 三部構成 四部構成 五部構成 一行目 タイトル リズム 校正と校閲 紋切り型 添削例 編集者 コピーライター 

記憶法&発想法記憶法&発想法―頭が良くなる脳の使い方
  http://brain-create.net/  ブレインクリエイト研究会
記憶と創造の脳科学 記憶術とは? 記憶術初心者講座
創造力の鍛え方アイデア発想法

〔関連キーワード〕 忘却 海馬 扁桃体 エピソード記憶 CQ(好奇心指数) レム睡眠 模倣と創造 ブレーンストーミング アイドマの法則 アンチエイジング脳 連想トレーニング アイデア発想法SCAMPER  

脳力トレーニング脳を鍛える脳力トレーニング
  http://goodbrains.net/  頭脳向上研究会/キオテック
脳の仕組みと脳力について右脳トレーニング・初級編左脳トレーニング・初級編脳を柔らかにする日常生活編クイズ・パズルで脳を鍛える全脳を鍛える将棋、囲碁、オセロなどのボードゲーム実用的能力開発/ 読書術、記憶術、速読術、英語 頭が良くなる読書法(世代別)漢字脳を鍛え、難しい漢字に強くなる趣味で脳を活性化―大人の趣味心と脳の関係|脳の働きを良くする感情

〔関連キーワード〕 A10神経群 脳の報酬系 右脳・左脳 前頭葉 海馬 扁桃体 認知症 意欲 アナログ脳 想像力 図形パズル 笑いの効果 散歩 指の運動 囲碁 将棋 オセロ チェス 連珠 モノポリー 速読術 読書術 数字記憶法 英単語記憶法 英語脳 日本語能力 誤読・誤用漢字 四字熟語 音楽療法

記憶術のやり方記憶術のやり方 & 脳の鍛え方/勉強法
  http://kiotech.net/  キオテック創造学習センター
記憶の仕組み―やさしい脳科学と心理学頭の良い脳の使い方、鍛え方 集中力勉強法/受験脳を高める工夫難読漢字テスト&イメージ記憶法ゴロ合わせ暗記法―すぐできるスゴ技

〔関連キーワード〕 暗記 大学受験 資格取得 長期記憶 忘却曲線 エピソード記憶 意味記憶 海馬 扁桃体 大脳皮質 集中力 気分転換法 天才 認知症 ゴロ合わせ 英単語記憶法 シモニデス キケロの記憶術 井上円了 連想力 イメージ変換法 基礎結合法 円周率記憶 

将棋上達法将棋上達法/入門・初心者講座
  http://syougi-a.net/  将棋Aネット/キオテック
初段をめざす賢い将棋上達法駒の動かし方&ルールから始める将棋入門 超初心者講座/一手詰、10〜6枚落ち、駒組…上手な駒の使い方王を詰ます練習問題+寄せ将棋の歴史〜プロ棋士の世界将棋いろいろ・コラム

〔関連キーワード〕 対局マナー 振り駒 王の詰ませ方 反則・禁じ手 棋譜の読み方 裸玉 十枚落ち必勝法 八枚落ち定石 頭金 腹金 三手詰 歩の突き捨て 桂馬の高跳び 十字飛車 と金の威力 詰めろ 必至 駒の損得 待ち駒 将棋格言 段級の目安 レーティング方式 将棋の起源 大将棋・中将棋 歴代名人

  ページトップ  ホームページ