囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁ソフト・ショップ詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

石の切断と連絡

石は切断されると弱くなり、連絡すると強くなる


 石がつながっていることはとても大切です。石が二つ、三つとばらばらになれば、それぞれが別々に眼を持って生きなければならないからです。

 碁は一手一手交互に打つゲームですから、あちこちが忙しくなると、それだけ苦しくなります。弱い石を作らないことが、囲碁の戦略として重要です。逆にいえば、相手の石は切断して弱くすることが基本です。

石の切断と連絡左上 白1と打つと左右の黒がつながり、上下の白は離ればなれになります。黒が強くなり、下の白石は弱くなって、中をさまようことになりました。

右上 今度は逆に白が2と切った場面です。白が強くなり、黒石は左右別々に処理しなければならなくなりました。

左下 △印の黒石がここにくると、白◎は黒3で切断されてしまいます。こうなると上の白3子は弱い根なし草となって、白が苦戦することになります。白◎と黒(△)の形は、初心のうちは切られることをうっかりしがちなので、しっかり覚えてください。

右下 白◎のケイマは、このままでは切られやすい形です。黒5と普通に出て、白6とオサエたとき黒7と切断します。下の白は生きていないうえに、上の白も弱い石となりました。ケイマの形は、切られて困る場合は切断を防いでおかなければなりません。

囲碁塾を見る 入門から初段を目指す方まで使える人気パソコン囲碁ソフト
囲碁塾V
 
定価:12,800円(税別)
入門・初級、中級、上級の3つに分けた講座解説と練習問題で初段突破をめざす学習ソフト。碁の打ち方や簡単な石の取り方から、布石、定石、手筋、詰碁、中盤の戦い、ヨセまでが学べます。実力三段の対局ソフトがあなたの先生になります。

  NEXT:超やさしい死活入門  ページトップ  ホームページ