囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁初級講座詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

囲碁上達法HOME > 囲碁・エッセイ風上達論

囲碁・エッセイ風上達論(囲碁の心理学)

 囲碁の技術論を避け、碁を打つ人の性格や勝負観、生き方など、碁をめぐる人間模様を中心に上達を論じた、エッセイ風の読み物です。初・中級脱出〜初段・三段突破のヒントが詰まっています。
碁が強くなる人、ならない人  「好きこそ囲碁の上手なれ」か?
負けず嫌いで碁が強くなる?ならない?  勝負事に負けず嫌いはどう影響するか?
碁の心理学―上達を妨げるプライドとは  学歴、肩書、若さのプライドが邪魔になるとき
囲碁と右脳、直感、戦略思考   “碁の頭脳”は理系? 文系? それとも芸術系?
囲碁定石論|定石を覚えると強くなる?  級位者時代の定石学習について
碁が強い人と弱い人の風景  石音・やきもち・コウ…
形勢判断のススメ/やきもちをなくす  ものぐさ形勢判断法を教えます
ヘボ碁同士の姑息なかけひきと“待った”   待ったをさせない心理学と打ちまわし

勝負事に強い人、弱い人


 碁はいわゆる勝負事のひとつですが、世間では「勝負事には強い人と弱い人がいる」というのが常識です。

 技術や判断力で勝負する囲碁、将棋、麻雀、オセロなどばかりでなく、じゃんけんやくじ引きなどの、ほぼ100 パーセント運で決まることまで、「強い人と弱い人がいる」と信じている人もいます。勝負事に強いとは、運の強さのことをいうのでしょうか?

「運が強い、弱い」の考え方

 
 「運の強い人」については2つの考え方があります。何をやっても運のいい人と、何をやっても運の悪い人、それに中間の人がいる、というのが一つ。

 もう一つは、一生の間に運のいいことと悪いことはほぼ等しくやってくるのだが、運命の神様はその大きさまで には関わらないというもの。小さなことに運をたくさん使い果たしてしまうと、大きな幸運はめぐってこない。大きな不運があったあとは当分、悪いことは起きない。こうした考えを麻雀やルーレットなどに応用する人もいます。

 数学の確率論で考えれば、運に関してのどちらの考えも荒唐無稽なものです。しかし、確率論はあくまで「無限に近い事象」の中で運が「平等に」めぐってくるというもので、少ない事象の中では多少の偏りが生ずるのは当然のことです。しかし、その偏りに法則性はなく、ランダムです。

 主に運で勝敗が決まるゲームにおいては、運に関する考え方や強気・弱気の差が結果に大きな影響を与えます。

勝負事と私のこと


 さて、話を「勝負事に強い人」に戻しましょう。私(当サイト管理人)は中学、高校時代、周囲から勝負事に強いと言われていました。

 それには、小学校低学年の頃、両親と毎週土曜日の夜にダイヤモンドゲームに興じたことや、その後も友達とトランプ、花札、はさみ将棋、本将棋、軍人将棋、五目並べでなどでよく遊んだことが貢献しています。

 個々のゲームにはそのゲーム特有の勝つためのセオリーがあるので、一つのゲームが得意だからといって、他の ゲームがうまくなる保証はありません。しかし、勝負事には必ず相手というものがいます。敵が繰り出すさまざまな手段とその結果から、セオリーらしきものを肌でつかんでいく。この能力はいろいろな頭脳ゲームに親しむ中で培われるものです。勝負事に苦手意識のある方は、勝つためのセオリーを発見しようという意識が弱いことが考えられます。

 生まれたときから勝負事に強い人がいるとは考えられませんから、勝負事への強さは、育った環境と本人の興味の度合い、それに勝負に対するこだわりなどが関係すると思われます。

 私の場合は、入門時はやや後れをとるのですが、平均的レベルに達するのは人よりも早かったようです。どんなゲームをやっても最低限、「中の上」くらいには到達します。小学時代に親しんだダイヤモンドゲームやトランプ(特に七並べやダウト)、はさみ将棋などが、勝負の駆け引きの感覚を養うのに役立ったのかもしれません。

 しかし、そんな私も囲碁だけはてこずりました。「才能がない」とあきらめていた時代もあります。今でこそ六段格で打っていますが、囲碁を始めてからの十二、三年間は、初段になるのでさえ途方もなく難しいと感じていたのです。

 ちなみに将棋のほうは、囲碁が数年間3級で低迷していたとき、すでに初段になっていました(将棋の初段は囲碁よりもからく、囲碁の三段くらいの価値があります)。


 この「囲碁・エッセイ風上達論」では、できるだけ技術論を避け、碁を打つ人の性格や勝負観、生き方など、碁をめぐる人間模様を中心に上達を論じます。「大上段に振りかざした割にはつまらないことを書いている」と思われるかもしれませんが、一介の“碁キチ”のたわごとと受け流してください。

 NEXT: 碁が強くなる人、ならない人   ページトップ
 囲碁入門・学習ソフトから 対局ソフトまで 囲碁ソフト・ショップ

文章力をつける文章力をつける―文章上達無料講座/エッセイ・小論文/リライト
  http://bunsyou.net/ キオテック創造学習センター
文章上達法/苦手を克服するトレーニング法文の構造と悪文について読みやすい文章のための10の基本テーマ探しと文章を書くまでの準備文章の構成と構想文章の書き出し文章の推敲と完成魅力的な文章の書き方文章いろいろ/就職作文、文章を書く仕事、手紙、自分史… 

〔関連キーワード〕 悪文 ねじれ文 長い文 接続詞 句読点 段落 起承転結 三部構成 四部構成 五部構成 一行目 タイトル リズム 校正と校閲 紋切り型 添削例 編集者 コピーライター 

記憶法&発想法記憶法&発想法―頭が良くなる脳の使い方
  http://brain-create.net/  ブレインクリエイト研究会
記憶と創造の脳科学 記憶術とは? 記憶術初心者講座
創造力の鍛え方アイデア発想法

〔関連キーワード〕 忘却 海馬 扁桃体 エピソード記憶 CQ(好奇心指数) レム睡眠 模倣と創造 ブレーンストーミング アイドマの法則 アンチエイジング脳 連想トレーニング アイデア発想法SCAMPER  

脳力トレーニング脳を鍛える脳力トレーニング
  http://goodbrains.net/  頭脳向上研究会/キオテック
脳の仕組みと脳力について右脳トレーニング・初級編左脳トレーニング・初級編脳を柔らかにする日常生活編クイズ・パズルで脳を鍛える全脳を鍛える将棋、囲碁、オセロなどのボードゲーム実用的能力開発/ 読書術、記憶術、速読術、英語 頭が良くなる読書法(世代別)漢字脳を鍛え、難しい漢字に強くなる趣味で脳を活性化―大人の趣味心と脳の関係|脳の働きを良くする感情

〔関連キーワード〕 A10神経群 脳の報酬系 右脳・左脳 前頭葉 海馬 扁桃体 認知症 意欲 アナログ脳 想像力 図形パズル 笑いの効果 散歩 指の運動 囲碁 将棋 オセロ チェス 連珠 モノポリー 速読術 読書術 数字記憶法 英単語記憶法 英語脳 日本語能力 誤読・誤用漢字 四字熟語 音楽療法

記憶術のやり方記憶術のやり方 & 脳の鍛え方/勉強法
  http://kiotech.net/  キオテック創造学習センター
記憶の仕組み―やさしい脳科学と心理学頭の良い脳の使い方、鍛え方 集中力勉強法/受験脳を高める工夫難読漢字テスト&イメージ記憶法ゴロ合わせ暗記法―すぐできるスゴ技

〔関連キーワード〕 暗記 大学受験 資格取得 長期記憶 忘却曲線 エピソード記憶 意味記憶 海馬 扁桃体 大脳皮質 集中力 気分転換法 天才 認知症 ゴロ合わせ 英単語記憶法 シモニデス キケロの記憶術 井上円了 連想力 イメージ変換法 基礎結合法 円周率記憶 

将棋上達法将棋上達法/入門・初心者講座
  http://syougi-a.net/  将棋Aネット/キオテック
初段をめざす賢い将棋上達法駒の動かし方&ルールから始める将棋入門 超初心者講座/一手詰、10〜6枚落ち、駒組…上手な駒の使い方王を詰ます練習問題+寄せ将棋の歴史〜プロ棋士の世界将棋いろいろ・コラム

〔関連キーワード〕 対局マナー 振り駒 王の詰ませ方 反則・禁じ手 棋譜の読み方 裸玉 十枚落ち必勝法 八枚落ち定石 頭金 腹金 三手詰 歩の突き捨て 桂馬の高跳び 十字飛車 と金の威力 詰めろ 必至 駒の損得 待ち駒 将棋格言 段級の目安 レーティング方式 将棋の起源 大将棋・中将棋 歴代名人

  ページトップ  ホームページ