囲碁上達法|入門から初段・高段まで
囲碁入門棋力別上達法上達手談・勉強法囲碁初級講座詰碁/手筋/ヨセ問題ヘボ碁脱出法エッセイ風上達論囲碁の知識

手筋以前の石取りの練習

ひと目で解きたい超カンタン石取り問題


 囲碁には部分の戦いを有利にするためのさまざまな手筋があります。その最も簡単なものが「囲碁入門8」で紹介したゲタです。手筋を知ることは囲碁上達に欠かせません。

 しかし、入門してから初級に至る道では、囲碁というゲームに目が慣れること、つまり手筋以前のだれでもわかる「当然の一手」を打てるようになることが先決です。一手一手考えているようでは、なかなか碁は強くなりません。まずは、ひと目で形がわかるようになってください。

 ここでは石を取る眼を養うことを目的に、超カンタンな問題を用意しました。

練習問題1 石の取り方(黒番)

 黒先で◎の白石を取ってください。

練習問題 石の取り方1

練習問題2 石の取り方(黒番)

 黒先で白石を取ってください。どの石が取れるか、ノーヒントです。

練習問題 石の取り方2


入門から1年で初段に
囲碁塾4
   対局ソフト付・全4巻セット
定価:12,800円(税別)
入門・初級、中級、上級1・2・3の5つに分けた講座解説と、対戦型練習問題集で初段突破をめざす学習ソフト。碁の打ち方や簡単な石の取り方から、布石、定石、手筋、詰碁、中盤の戦い、ヨセまでが学べます。実力五段の対局ソフト「剛腕 算砂」があなたの先生になります。
  NEXT:オイオトシという手筋  ページトップ  ホームページ